お金を借りてからの生活

返済のために、他から借入する生活

私の借金地獄は、最初はクレジットカードから始まりました。
クレジットカードの利息を払うために現金が必要になりカードローンに手を出し…というのがきっかけで、だんだんとお金を借りることが多くなり、いつの間にか食費まで借金でまかなっているというとんでもない状態になってしまいました。

なぜこんな借金地獄になったのか?

事の発端はやはりクレジットカードだったのですが、最初はクレジットカードの限度額も30万円だけでしたし、その後のカードローンも20万円だけと、これだけなら借金地獄に陥るほどではありませんでした。しかし、最初のうちは金額も小さかったので、コツコツまじめに返済できたんですね。そうして返済実績が積み重なると、年収は変わっていなくてもクレジット会社やカードローン会社が増額してくれるのです。ある日突然増えていました(クレジットカードの方は)。これが落とし穴だったんですね。

借入限度額を増額されると、評価された気になって嬉しくなる

借入可能金額が増えたということは、私がまじめに返済してくれる堅実な人、経済力がある人、として評価されたということです。
また、実際にその限度額を使って買い物することができます。私はこれが非常に嬉しかったのです。
まだ二十代で若かったこともあり、それで完全に舞い上がってしまいました。気づいたら130万の借金をあちこちから抱えていて、初期状態の多重債務者になっていました。

おまとめローンではなく、小さいものを潰していった

私は小さい限度額のカードローンを多数抱えていました。これは自己アフィリエイトという、契約することでお金をもらえるという、アフィリエイトでよくある(最初にみんながやる)手法を使っていたからです。そうやってたくさん契約してあちこちから少しずつ借りていたのですが、おまとめローンできるだけの大口のカードローンはどこにもありませんでした(もう全部いっぱいなので当然ですが)。なので、「借入残高の小さいものから潰していく」という方向で、返済しました。

パチンコ屋の週払いのバイトでコツコツ返済した

私がその頃したアルバイトは、パチンコ屋の仕事でした。アルバイトでも月収30万円というかなりいい給料でした。代わりに相当ハードでした。30万円といってもボーナスも含んでなので、皆勤しないといけないし、新台入替などほとんど徹夜でやるような作業もこなしました。ハードでしたが、完済した時は嬉しかったです。

お金を借りるキャッシング術